出会いが見つからない期間に持つべき心構えと行動

どれだけ積極的に「出会い」をゲットするための活動をしていたとしても、常に結果が出続けるということはありません。
もちろん、行動すること自体に意味は残りますが、「こんなに頑張っているのに良い人に出会えない! もうやめてしまおうか……」と腐ってしまいそうになります。
そんな時は、「より良い結果を手に入れるための準備期間」と考えてみましょう。

身近での出会いを思い返してみる

まずは手始めに、「自分が間違いなくチャンスに気付けているのか?」を考えてみましょう。
常に一人で自宅にこもりきって生活をしている人ですら、数日に一回程度は出会いのチャンスが訪れているといっても過言ではありません。
そういった特殊な状況でもなく、家と会社を往復している状態であれば、それは常にチャンスに触れながら生活しているほどです。

ただ、多くの人はそのチャンスに気付くことができていません。
道端で、「今すれ違った女性、めちゃくちゃ可愛かった!!」と思った経験はないでしょうか。
スーパーやコンビニで、「あーあ、私にもこの人みたいに素敵な彼氏ができないかな……」と思った経験はないでしょうか。

これらはもれなく「チャンス」です。
実際に声をかけることができたかどうかは別として、「そこにチャンスがあるとしっかり認識することが大切」です。

相手の短所ではなく長所を見つけるようにする

また、すでにある交友関係の中も要チェックです。
よくある話として、「幼馴染だった異性とちょっとしたきっかけで恋仲になる」ということがありますが、これは「新たな一面や新しい印象がきっかけ」になることが多いです。
親しく付き合い、それこそほとんどのことを知っているといっても過言ではない異性に対してですら新しい発見があるわけですから、付き合いが浅い異性ならばその可能性に一層期待できます。

「この人ならありかも知れない」と思っている異性に対して、候補者としてみようとするスタンスを持つことは大切です。
ただ、本当に大切なことは良い印象を持っている相手よりも、むしろ悪い印象を持っている相手です。

現時点でマイナス評価ならば、当然候補者として検討することもなくなりがちです。
しかし、人間誰しも悪い一面と良い一面を持っているもので、偶然にも悪い面を先に目の当たりにしてしまっているだけという状況は多々あります。
むしろ、悪い評価から良い評価に変わったときの方が強い好意を持てるということもあるので、短所ではなく長所に目を向けてみましょう。

いつ出会いが見つかっても大丈夫なように準備をしておく

「日常生活は、常にチャンスに溢れている」といいましたが、いくらチャンスがあっても生かすことができなければ意味がありません。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という精神で、とにかく一つでも多くのチャンスに触れれば結果につながる可能性があると考えることもできますが、どうせならばすべてのチャンスをものにするくらいの気持ちで挑まなければ一つも結果が出ずに終わってしまう可能性もあります。
常に臨戦態勢で過ごさなければいけないとまではいいませんが、いつチャンスが訪れても良いように「心の」準備をしておきましょう。

また、それだけでなく「身だしなみを整えることに意識を向ける」「人に対する接し方に意識を向ける」という、表面上わかる部分にもしっかりと準備を怠らないことが大切です。

積極的に自分から色んな所に出かけ、コミュニケーションをとるよう心がける

目に見える部分、目に見えない部分の準備を整えつつ、より多くのチャンスを求めて「自発的に積極的な活動をすることも大切」です。
繰り返しますが、日常にチャンスはたくさんあります。
しかし、そのチャンスはあまりにも些細で気付けないようなものも少なくないため、どうしても気付くことができないものもあります。
アンテナを高くし、意識的に気付こうとする努力をしていればすぐに気付けるようになりますが、それまでは目に見えるチャンスを求めて積極的に行動した方が賢明です。

これまでならば断わっていたであろう誘いに乗ってみるもよし、話したことがない人に話しかけてみるもよし、方法は人それぞれできそうなことで問題ありません。
外へベクトルを向けましょう。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

恋人が中々できない男性には共通点があった?彼女ができない男性の特徴まとめ

NO IMAGE

平日休みの社会人は出会いが見つけにくい?平日休みでも異性と出会えるおすすめの休日...

NO IMAGE

彼氏ができないときこそ考えたい|磨いておくと有利に働く女性らしさとは?