彼氏ができないときこそ考えたい|磨いておくと有利に働く女性らしさとは?

どのような女性が「モテる」のかは状況に寄ります。
見た目が良い女性がモテることは多いものの、状況によっては見た目に関係なく内面を重視してモテる場合もあります。
要は、「女性の価値は見た目ではない」ということを表れといえるでしょうが、少しでも男性からモテたいと思うのであれば、それ相応の努力と工夫が必要です。
確実ではないまでも、「これで男心をくすぐれる」というものの一つや二つ覚えておきましょう。

清潔感を持ちオシャレに気を使う

男性が好きな女性には、ある程度の共通項が存在します。
たとえば、「清純派」という条件を満たしている女性はモテやすい傾向がありますが、これはひとえに「男性がそれを良しとする風潮があるから」です。
そのため、今後は「チャラチャラした女性が良い」という風潮が広がり、評価が逆転する可能性もあります。

ただ、少なくともここ数十年以上は「清潔感のある女性らしい女性」が好まれています。
特に、服装だけでなく生活面でも清潔感を演出できる女性は、男性から「将来、結婚しても安心できそうだ」という印象を得やすく、総じて高く評価される傾向があります。

飲み会やイベント事の集まりでも気遣いを心がける

これに関しては少々古いイメージも付きまといますが、それでもなお「女性は気配り、気遣いができた方が良い」と考える傾向は根強く残っています。
それこそ、見出しにあるような気配りができる女性を高く評価する(したくなる)傾向は強いので、これを狙って演出する方法も効果的です。

「男性をたてる術を心得ている」という印象は、男性にとって女性を評価する大きな基準になります。
偏見、遅れた考えという印象があったとしても、どうしても男性はそういう女性に対して魅力を感じてしまうのもまた事実です。

男性を立てることを覚える

すでに触れていますが、「日本人女性が『大和撫子』といわれる所以は、男性を立てる精神および技術に優れているから」という節があります。
海外を含め、多くが「レディーファースト」を重んじているわけですが、日本人は独自の文化を形成しています。
いわゆる「三つ指ついて」「三歩下がって」というくらいに男性をたてる文化を珍重する傾向はありますが、それだけでは男性から高く評価してもらうことはできません。

いわゆる大和撫子と評せる女性は、旧日本文化の上で魅力的な女性ということです。
これが現代社会でも通用するかどうかは別として、「男性を立てる」というよりも、「パートナーを立てる」器量を持っている女性はモテて当然でしょう。

出会えない言い訳を探さずに自分を磨く努力をする

「男性が女性のどこに『女性らしさ』を感じるのか」といっても難しいのですが、仮に自身に魅力的な出会いが訪れなかったとしてもそれを環境のせいにせず、自身の責任だと考えて精進できる女性は男性にとって魅力的です。

男性社会の中では特にそうですが、失敗の言い訳を論理的に考えられない人は評価されません。
いかに理不尽な状況だとしても、根拠のある理由によって陥った状況だという認識を持てない人は排他的な対応をされてしまうことが多いです。

女性に対してであれば男性は甘い評価をしてしまいがちですが、それでもなお「もっと自分を磨いて(容姿に限定しない)美しくなろう」と考えられるモチベーションが高い女性であれば、必然的に男性から評価されます。

「良い出会いがなかった」というのは結果論でしかなく、そこに対してどのような原因があったのかを分析する分には何も問題ありません。
しかし、「環境が悪いから出会いがない」などと責任を転嫁してしまうようであれば、男性から評価される可能性は低いです。
仮に自分に非がなかったとしても、「もしも自分がこうしていれば状況を改善できたかもしれない」という風に、高い次元で物事を考えられるようになることが大切です。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

恋人が中々できない男性には共通点があった?彼女ができない男性の特徴まとめ

NO IMAGE

出会いが見つからない期間に持つべき心構えと行動

NO IMAGE

平日休みの社会人は出会いが見つけにくい?平日休みでも異性と出会えるおすすめの休日...